September 16, 2016

Salvador Dari『still anatomically incorrect』  new!

ph_pe_tb_27.jpg

ダリの刻印入『シュルレアリスティック・アイズ』と題された金属で鋳造された彫刻=ランプ。 この奇怪な百眼のランプはご存知ヒッチコック監督/グレゴリー・ペック、イングリット・バーグマン主演のサイコスリラー『白い恐怖』(1945)のための映画美術としてダリが制作した夢魔のイメージを後にオブジェとして999エディションで製作したうちのひとつ。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

August 17, 2016

トレヴァー・ブラウン『still anatomically incorrect』  new!

ph_pe_tb_27.jpg

画集『PANDORA』には特にアナトミーのモチーフがたくさん登場していて近年のトレヴァー・ブラウンのマイブームが色濃く投影されている。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

April 28, 2016

H.R.GIGER『EROTOMECHANICS V』

ph_pe_hr_07.jpg

『EROTOMECHANICS』は、H.R.ギーガーが1980年に出版した8色刷オフセット・リトグラフ。スイスで制作され全世界で販売された6点一組300セット限定のポートフォリオ。すべて著者によるサイン&ナンバーがはいっている。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

April 28, 2016

H.R.GIGER『EROTOMECHANICS IV』

ph_pe_hr_04.jpg

『EROTOMECHANICS』は、H.R.ギーガーが1980年に出版した8色刷オフセット・リトグラフ。スイスで制作され全世界で販売された6点一組300セット限定のポートフォリオ。すべて著者によるサイン&ナンバーがはいっている。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

April 15, 2016

トレヴァー・ブラウン『impotent』

ph_pe_tb_25.jpg

『トレヴァーのアリス』(2010)所収。

この度、紹介する『impotent』と『the tweedles』そして先に紹介した『I heart u』は描き下ろされた『トレヴァーのアリス』収録作品32点のうちのついに最後の3点。とにかく150年以上前に英国で出版された『不思議の国のアリス』というファンタジーがこうして連綿と世界中で愛され続け、日本に移り住んだ同国人画家トレヴァー・ブラウンによってまったく新しい世界観を与えられたことが非常に興味深い。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

April 15, 2016

トレヴァー・ブラウン『the tweedles』

ph_pe_tb_19.jpg

『トレヴァーのアリス』(2010)所収。
この本が出た年、奇しくもジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督のディズニー映画『アリス・イン・ワンダーランド』が公開され大ヒットした。Bunkamura Galleryで開催されたトレヴァー・ブラウンのアリス展も大盛況で、トレヴァーが描くビザールなアリスなだけに(『不思議の国のアリス』史上もっともビザールな作品故に)どの作品も非常に人気があった。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

April 14, 2016

トレヴァー・ブラウン『turquoise』

ph_pe_tb_19.jpg

最新作品集『PANDORA』(2015)所収作品。三浦悦子人形に捧げたオマージュ作品のひとつ。タッカーによる解剖の縫合痕、三浦巻きの包帯など特に『フランケンシュタインの花嫁』(2006)前後に制作された三浦作品のメルクマールとなるようなクリシェを散りばめながら、トレヴァー得意の方眼白タイルの壁を背景に描いたキュートな作品。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

April 14, 2016

トレヴァー・ブラウン『anatomically incorrect』

ph_pe_tb_16.jpg

最新作品集『PANDORA』(2015)所収作品。
今回のトレヴァー・ブラウンの作品集では「アナトミー/解剖」テーマの作品が何点も収録されている。とりわけ本作は内蔵と少女像をミックスアップしてイコン画のように仕立てた一番過激な傑作。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

Aplil 07, 2016

トレヴァー・ブラウン 『REVOLUTION』

ph_pe_tb_01.jpg

人気のトラウマテクノポップバンド「アーバンギャルド」のアルバム『少女は二度死ぬ』(カバーアートはトレヴァー・ブラウン)のなかに納められた「女の子戦争」という曲に触発され描かれた作品。自身の作品集『女の子戦争』(2013)のカバーを飾った作品でもある。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

Aplil 07, 2016

トレヴァー・ブラウン 『li'l miss sticky kiss』

ph_pe_tb_04.jpg

作品集『リトル・ミス・スティッキー・キッス』(2004)のカバーアート。 トレヴァーとヒッピーココ夫妻の一粒種という設定の少女リトル・ミス・スティッキー・キッス。パンクテイスト溢れるコスプレ&肖像画シリーズの看板絵画。幼児向け絵本のテイストは前回の作品集『マイ・アルファベット』から承前。『revolution』同様トレヴァーのカバーアートの作品が現在でも入手できるというのはかなり奇蹟的。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

Aplil 07, 2016

トレヴァー・ブラウン 『I heart u』

ph_pe_tb_07.jpg

『トレヴァーのアリス』(2010)所収。臓器にメタモルフォーゼする少女の肖像画は、近年トレヴァーの十八番モチーフ。『トレヴァーのアリス』の巻頭を飾った口絵でもある本作品は、そのおそらく最初の一枚。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

April 07, 2016

三浦悦子『ヴァイオリン・ウサギBOX』

ph_pe_miura_01.jpg

三浦悦子の球体関節人形=BOX ART作品『ヴァイオリン・ウサギBOX』は、球体関節人形作品でありながらあたかもタブローの様に壁にかけて展示が出来る。ジョセフ・コーネル(1903-1972)のアッサンブラージュのBOXがガラスで閉じられていたのとは異なり、コンポーネントの人形はいつでも匣から取り出し一体の球体関節人形に組みあげることができる。

[ more ]

é.t. : 00:00 AM

 
エディシオン・トレヴィルについてリンクお問い合わせ